下半身ダイエットで美脚になる方法

いくらダイエットしても下半身だけ痩せない方いませんか?
その原因は、大腰筋という筋肉が弱っていることにあります。
大腰筋が衰えることでなぜ下半身が太くなるかを説明していきます。


・下半身に脂肪を溜め込む(骨盤)
骨盤が前傾を保てなくなり後ろに傾くため内蔵を支えている筋肉が緩み内蔵が下垂してきます。また、骨盤周辺の筋肉代謝も低下し下半身に脂肪が溜まりやすくなります。

・下半身がむくむ(姿勢)
24時間常に重力にさらされているわけですから血液は下に流れやすく心臓に戻るまでに負荷がかかります。下半身の血管が圧迫されても血液は足の方へと流れこむことは出来ますが足に流れた血液は骨盤の圧迫と重力に遮られて心臓に戻りにくくなります。これにより過剰な血液が足に滞りむくみになります。

・下半身の脂肪が燃焼されない(自律神経)
骨盤の表面を走る神経の中には、筋肉に作用してエネルギー代謝を高めたり脂肪分解を促したりする交感神経があります。これも同時に圧迫されて機能が十分に発揮できなくなるのでとくに下半身の脂肪が燃えにくくなり下半身太りとなるのです。


大腰筋はどうやって鍛えるの???
大腰筋は股関節を曲げて下半身を引き上げる作用がありますので、その動きを行っていけばいいのです。
それでは紹介します
①仰向けで横になります
②膝を伸ばしたまま、両足をくっつけて、脚をあげていきます
③床に上げた脚を床につくぎりぎりまで下ろしていきます
④10~15回③と④を繰り返します。
*顔が上がらないように注意しながらやりましょう
th.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

maronkuri106

サッカー、ダイエットマニアです!
過去に試したダイエットに役立つ情報を投稿します!

共感できる場合は気軽にコメントをお願いしますw
もし趣味やダイエットについて有益な情報がありましたら、皆様とシェア出来たら嬉しいです(*^^*)

ご連絡はこちらまで
itary_asroma@yahoo.co.jp

カテゴリー

月別アーカイブ